4ヶ月過ぎても自分で眠りにつけない赤ちゃんに出来ること

子育て

海外では4ヶ月過ぎても夜通し寝れない赤ちゃん、自分で眠りにつけない赤ちゃんのためのスクールがあるんです。

それがsleep school(スリープスクール)

スリープスクールでは赤ちゃんに自分のベッドで眠りにつくためのスキルを身に付けさせる事ができます。

今回はそのスリープスクールで行っているテクニックについてまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんが自分で寝るためにお母さん/お父さんが出来る事

スリープスクールは2泊3日くらいで行われるのが一般的です。

その2泊3日の間に赤ちゃんの寝るパターンを知りその子にあった寝かしつけを身に付けて帰ってからも続けるってのが一般的なようです。

なのでとりあえずご自宅などで3日間頑張ってやってみてくさい。

4ヶ月以降の赤ちゃんは

昼間は起きてミルクを飲んで遊んで寝るのパターンがあります。

赤ちゃんの様子をしっかり観察しながら遊び中疲れているサインを見つけたらベッドに連れて行く。

赤ちゃんの疲れたサインとは
手をグーとにぎる
耳を引っ張る
手をあげて伸びをするようなポーズをする
足の指がまるまる
あくび
目をこする
ぐずる

2ー3個当てはまったらさぁーベッドに連れて行きましょう。
ユラユラしたりトントンしたりお子さんに合った方法で寝かしつけをします。

2時間半以内に起きてしまった場合少しの間様子を見る。
泣くのが酷すぎるようであれば一度落ち着かせて又ベッドに戻す。

又、夜に起きてしまった場合は出来るだけ部屋は暗くして赤ちゃんに話しかけず、授乳して、おむつ替えをしてまたベッドに戻す。
その後グズグズいっていても出来るだけ見守る。

眠りにつけず泣きかたがひどいようであれば、一度落ち着かせ、又ベッドに戻す。

とにかくこれを繰り返す。

 

大泣きしてる自分の子供が可愛そうで、ここでお母さんの心が折れてしまうことが多いようです。でも、ここを頑張れば、お母さんも赤ちゃんも十分な睡眠が取れるようになります。

 

またスリーピングスクールでは赤ちゃんが寝ている間にお母さんがカウンセリングを受ける事も出来ます。

寝れていないお母さんは知らないうちにストレスレベルが上がっていることがあります、ご家族やお友達が近くにいない場合はカウンセリングを受けてみるのも良いかもしれませんね。

また新生児の時によく起きるモーロ反射(寝ている間にビックっとする動き)で目を覚ましてしまう赤ちゃんもいます。
そんな赤ちゃんに海外で大人気のスワドルアップ試してみてはいかがでしょうか?
うちの子供達も使っていたのですがとてもお勧めです。

        

まとめ

たったの2泊3日で赤ちゃんが自分で寝れるようになることも多いそうです。
またこの間に寝れるようにならなくても自宅で習った事と同じテクニックを続けると、寝れるようになったっと言う話をたくさん聞きました。

もし4ヶ月過ぎても何度も起きて泣いて寝付けない赤ちゃんがいるのであればぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました